ホームWhat's New
What's New
What's New:382
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 20 次のページ»
2017年11月04日
今年もシカゴ郊外にてワークショップを開催することが決定致しました。
1950年代頃に西ドイツやチェコスロバキアなどで作られ、デッドストックのまま静かに眠っていたビーズたちを取り入れて、現代では入手が困難な素材を贅沢に使用したオリジナルのデザインを20種類以上ご用意致します。サンプルの中からお好みのデザインと色合いをお選び頂き、手作りをしてみませんか?日本から伺い、わずか2日間ですが計6回のレッスンを開催致します。
お友達やご家族をお誘い合わせてご参加下さいね。
また、シカゴにご友人やご家族がいらっしゃる方は是非、ご紹介下さいね。
詳細はこちら→http://soleildoor.exblog.jp/27623867/
2017年10月23日
11月1日(水)から日本橋三越 本館7階 催事場で開催の「ビーズフェスティバル」へ3日(金)まで出店致します。東京でのイベント出店は、およそ8年ぶりで私は前半の3日間のみの出店ですが、ヴィンテージビーズの魅力をお届けに、限定キットや希少なヴィンテージビーズやパーツ、新作の完成品など…限定商品盛り沢山にご用意致します。東京近郊の方、是非お友達やご家族とお出掛け下さいね。
2017年10月23日
時は遡ること100年ほど前の19世紀末、ベルエポックの時代に生まれたパーツたちと、今では誰もが一度は聞いたことがあるスワロフスキー。
何気なくこの希少な素材たちを並べて時空の旅を楽しんでいた時に、これだけの役者が揃っているならば、
一つの舞台で共演させてみたい…と言う気持ちに掻き立てられて、ビジューを仕立ててみたくなりました。
まずは創業者のダニエルスワロフスキーの時代に生まれたD・Sパッケージに包まれていた希少な存在の
ホワイトオパール・オーロラのエレメント。そしてセンターにはクリスタルを使用して…。
ヴィンテージのスワロフスキーは控えめに輝きを放ち、その品の良さに優しさを感じます。
なかなか手に入らないこれらの素材たちは、どれも私にとっては主役級の素材ですが、それぞれの個性を引き出すために、あえて色を引いた色合わせにこだわりました。
偶然にも私の目に止まった個々の素材が集まって出来上がった物語。完成するまでのストーリーは、フッとした拍子に生まれます。何年も私の元で各々に眠っていたパーツたちが一つのステージに立つことなど、きっと誰も想像をしていなかったことでしょうね。繊細な素材に技術を重ねたビジューは時空を超えて耀き続けます。
2017年10月11日
10月10日、Bead Art Vol.23秋号が発売になり、25ページに作品が掲載されています。
今回のテーマは「秋」。よく晴れた日の夕暮れは街を黄金(おうごん)に染め、山々は黄金色(こがねいろ)に輝き…、イチョウ並木には紅葉した葉の絨毯と秋の実が広がっています。少しずつ秋が深まり、美しく色づいて行く…。私の好きな秋の光景を表現してみました。
材料はクードゥビジュウさんでお取り扱いをしております。本誌にはレシピが掲載されていますので秋の夜長に是非お楽しみ下さいね。書籍は全国のジュンク堂書店さんで購入可能ですが、こちらからもお求め頂けます。
詳細はこちらからもご覧頂けます→http://soleildoor.exblog.jp/27805235/
2017年10月08日
以前に買い付けの際に見付けた、ライトブルーとブラウン、ルビーレッドとグレーのどちらも美しいグラデーションの1粒。いずれも二色の色が絶妙なバランスの二重奏で輝きを放つ、1940年代頃の西ドイツのビーズです。
それと同じ頃に作られたと思われる雫型のカボションに出会ったのは最初にビーズを見付けた場所とは全く異なる異国の地でした。優しいオーラに包まれていた存在感を見付けた瞬間は皆様の想像のごとく、魅力的で一目惚れをしてしまいました。誰にも見つからなさそうな小さな集いのように、お気に入りのビーズをピックアップして、終わりのない夢をつないで行く喜び。背景に合わせるもので異なるニュアンスとなる二つの世界がモードな気分を掻き立ててくれる逸品に生まれ変わり、一つのステージへ。
2017年10月01日
以前にヴィンテージボタンの仕入れ風景をご紹介致しました。その際に皆さんにヴィンテージのボタンの魅力について少しだけお話をさせて頂きましたね。。。
時折、出逢っては相変わらず宝物の一つとしてアトリエの片隅に眠っているボタンたち。いつも一つか二つずつ連れて帰って来ては、一つの瓶の中へ。まるで子供がポケットから手を出した瞬間に手のひらいっぱいのキャンディが出て来そうな…、そんな風景を想像しながら、ガラスの瓶にキャンディのようにおさまっている風景が好きです。
一つずつ並べてみると、ボタンとは思えないほど一つ一つの個性が際立ちます。お洋服の中では脇役の存在かもしれませんが、私の作品の中へ入ると、時には主役にも。これからも私には欠かせない存在として個性のあるボタンを作品に使用して行きますので見逃さないで下さいね。
2017年09月18日
9月27日(水)から10月1日(日)まで名鉄百貨店7階催事場へ期間限定出店致します。二つのイベントをまたがっての出店となりますので、途中で場所が少しだけ移動致しますが同じ7階での開催となります。今回は秋色の希少なVintageビーズを取り揃えました。ガラスの美しさが魅力的ですよ~♪他にも新作のキットや完成品、レジンアクセサリーのワークショップもブース内で開催予定です。盛り沢山の5日間、ご家族、お友達とお出掛け下さいね。
そして、クードゥビジュウさんも同じ期間で出店致しますよ~♪
9月27日(水)~29日(金)まで「秋のこだわりおしゃれコレクション」
30日(土)&10月1日(日)「めいてつハンドメイドの祭典」
場所:名鉄百貨店 本館7階 催事場:愛知県名古屋市中村区名駅一丁目2番1号
開催時間:29日(金)は18時閉場、1日(日)は19時閉場。それ以外の日は10時から20時です。
2017年09月05日
昨年、1日に来場者3000人の方を魅了した「松月堂いけばな展」に併設をして、9月6日(水)~11日(月)まで「クリエーターズリレー」を開催致します。2日間ごとにクリエーターが入れ替わり、新作アイテムをご紹介致します。ご家族、お友達をお誘い合わせて遊びに来て下さいね。


①9月6日(水)&7日(木) 出店者:DECORATE SWEETbeads room mimo

②9月8日(金)&9日(土) 出店者:アトリエSoleilLe-Ciel

③9月10日(日)&11日(月) 出店者:Mico RoseLibra-N



場所:名鉄百貨店 本館7階 催事場:愛知県名古屋市中村区名駅一丁目2番1号

開催時間:6日(水)と10日(日)は10時~20時 閉場、それ以外の日は18時閉場です。

詳細はこちらからも→http://soleildoor.exblog.jp/26868271/
2017年08月30日
8月28日(月)発売のビーズfriend Vol.56秋号に全16点が掲載されました。
P6:リファインネックレス:カジュアルなニットカーディガンに秋の実りをプラスして♪
P8P8:グランデピアス:秋のボリュームイヤーアクセはスッキリしたデザインで揺れるタイプを♪
P10:エレガンスブローチ&スターダストブレスレット:胸元にはコットンパールとビジューを組み合わせたエレガントなブローチを。手元にはメタルビーズを主役にしたクールなブレスレットが秋の味方です♪
P87~91:オルティガ柄アクセサリー http://soleildoor.exblog.jp/26937184/
詳細はこちらから→http://soleildoor.exblog.jp/26868291/
2017年08月05日
8月24日(木)~29日(火)まで、およそ1年ぶりに名古屋栄:丸栄 本館8階 大催事場にて開催の「手作り工房作品展」へ出店致します。今回は体験してみたかったけど、まだ。。。と言うお声を沢山 頂戴し、レジンアクセサリーのワークショップをブース内にて開催することに致しました。初秋の装いに合わせてオリジナルの1点を作ってみては?また、ヴィンテージたっぷりの完成品やキットを販売致します。また、希少なヴィンテージビーズや素材、お楽しみ袋などの販売も予定しております。お友達やご家族をお誘い合わせて遊びに来て下さいね。丸栄百貨店アクセス
2017年07月29日
24日(月)~28日(金)まで名鉄百貨店に期間限定で出店していましたクリエーターズリレー、無事に私の期間は終了し、次なるクリエーターさんへバトンタッチを致しました。連日、厳しい暑さの中、お越し頂きました皆様、ありがとうございました。5日間という大変、短い期間ではありましたが、お仕事後に駆けつけて下さった皆様、元気を届けに来て下さった方々、そして… 「お会いしたかった」「やっと会えた」「出会えて嬉しかった」など…、とても嬉しい言葉を沢山頂戴した5日間でした。大勢の方々に支えられ、今後の励みとなる貴重なひと時を過ごさせて頂きましたこと、この場をお借りしてお礼を申し上げます。
次回は8月24日(木)~の丸栄へ出店致します。
また沢山の笑顔に出会えることを楽しみに、そして皆様にときめきをお届け出来るよう、準備をさせて頂きますね♪
2017年07月14日
7月24日(月)~28日(金)まで、名古屋 名鉄百貨店4階 連絡通路へ期間限定出店致します。今回はVintageたっぷりの完成品がメインになりますが、新作キットやレアな素材なども少しだけご用意の予定です。パールアイテムの新作やイヤリング、ピアスなど…夏のお洒落をアップグレードさせてくれるアイテム多数でおまちしております。♪

場所:名鉄百貨店 本館4階:愛知県名古屋市中村区名駅一丁目2番1号

(本館4階からメンズ館やバスターミナルへつながる連絡通路(子供服売り場近く)で。
2017年07月01日
これはローズのモチーフに一目惚れをして、以前にフランスから連れて帰って来た、Antique Casket(ジュエリーボックス)で私のコレクションの中では一番大きな物になります。
薔薇が大好きな私が見付けてくれるのを長い年月、待っていてくれた気がして、割れないように抱きかかえて
連れて帰って来たことを思い出します。
大きさも幅20cmぐらいで、こんなに大きなサイズは非常に珍しく今まで出会った事がありません。ブローチがゆったり入るこのサイズ感、なんとなくお分かり頂けるでしょうか?深紅のビロードに打たれたピンも、少し変色をしていて時の流れを感じますがまだ比較的若いVintageの存在。
2017年06月07日
ビーズfriend vol.55 夏号と「ビーズスタジオ」がコラボした今夏注目のスワロフスキー・クリスタルのパーツを使ったアクセサリーの講習会を開催致します。デザインをさせて頂いた9種類の中からお好きな物を選んで作る事が出来ますよ~!!!

◆日にち:6月11日(日)、17(土)
◆時 間:11~16時(最終受付時間は15時) の間(随時)
◆場 所:トーカイ栄NOVA店
(愛知県名古屋市中区栄3−4−5 栄NOVA2F)TEL:052-252-7166
参加申込みはこちらからも受付致しますが、一つ一つの料金や詳細など…直接店舗へお問い合わせ下さいね。
詳細はこちらからご覧下さい→http://soleildoor.exblog.jp/26721422/
2017年06月01日
シカゴのビーズショップで見付けた1940年代頃の西ドイツのビーズたち。私を待っていたかのように、目が合った瞬間、まるで私に連れて帰ってと言わんばかりに、ほのかに輝きを放っているように感じたのは私だけでしょうか?
店内には数百、数千のビーズやパーツが並んでいましたが、瞬間にして私を捕らえたビーズたちは美しく耀いていました。透明感の先に映る奥深さの中には、時間の流れを感じます。時が刻まれても、時が流れても…、常に凛々しくあり続ける時空を越えた存在に心魅かれます。
深い色合いの中に映し出される時代の背景がそのものの価値とは関係なく、存在だけで酔いしれるほどに美しい気がして…。
2017年05月28日
5月28日に発売になりました「ビーズfriend Vol.55」に作品が掲載されました。
今回は2Way企画やMIYUKIさんや藤久さんとのコラボ企画など…、盛り沢山です~!!!

P11「ブリリアントネックレス&ブレスレット」爽やかな色合いのベネチアンビーズを使用して。ブレスレットをネックレスの中央に掛けるとY字に♪
P12「サマーフラワーブローチ&ヘアゴム」薄着のシーズンはブローチを応用してヘアゴムとして使用すると新鮮ですよ~
P13「ボヘミアンラリエット&ヘアーアクセ」たまにはラリエットを大胆に使用してボヘミアンな雰囲気を演出してみる♪
P16「シュプールイヤリング」ドロップ型のパールを一つだけ取り外しを可能にして、ボリューム調整可能なスタイルに。

P26「Starfish」スワロフスキークリスタル#6721を主役にゴールドとパールの組み合わせで上品かつ可愛らしく仕上げたセットアクセサリーです。
P27「Sea Snail」印象的なスワロフスキークリスタル#6731を主役にイエローやレッドのビタミンカラーと合わせてエネルギッシュな雰囲気にデザインをしたセットアクセサリーです♪
P28「Radiolarian」スワロフスキークリスタルの#6730と#5810の組み合わせで爽やかな色合いのセットアクセサリー♪

P100&101フィンランドの伝統装飾アイテムでもある「ヒンメリ」。スウェーデン語で「天」を表すこのモチーフは古くから自然への崇拝や豊穣や健康を祈るために作られて来ました。今回は4種の美しいヒンメリアクセサリーをデザインさせて頂きました。

詳細はこちらからもご覧頂けます→http://soleildoor.exblog.jp/26656744/
http://soleildoor.exblog.jp/26656773/
http://soleildoor.exblog.jp/26656783/
2017年05月13日
「スタイリッシュを纏う」そんなフレーズが先に脳裏を横切った作品です。私にしては珍しくフレーズが先に…。
作品を作る工程で最初に絵を描いてから作品を手掛けるのか、それともイメージが先か?と聞かれることがありますが、私は頭の中にぼんやりと浮かぶイメージを元に、思いのままに形に変えて行きます。
なので最終的に完成した作品は当初のイメージとは違っていることもありますが往々に充分にイメージを膨らませてから手掛けるので、思い描いたものが出来上がることが多い気がします。黒でまとめた作品も色合いのグラデーションを付けることでクールな雰囲気を作り出し、また、どんなシーンにも似合いそうな気がしました。
これは完成してから感じたことですが、何が先で作品になるのか…はその時の気分次第なんですよ。
2017年04月29日
どのようなシチュエーションからデザインが?と時々 聞かれます。私のインスピレーションは季節であったり、気分であったりと、気の向くまま感じたまま…が多いのですが、アトリエの片隅にディスプレーのように置いてあるガラスの瓶からイマジネーションが膨らみ、この何気ない瓶たちから私のデザインが生まれることもしばしば。。。
相性の良い色合いごとに、気に入った1粒を入れてあるガラスの瓶は定位置の窓際にあり、差し込む光がビーズをひときわ輝かせて想像の世界へと連れて行ってくれる気がします。
コルクのフタを外して覗いてみると、太陽の陽を浴びて深い色合いの先に見える透明感がとても綺麗です。
アトリエの片隅には夢と現実が共存する世界が存在しています。
2017年04月24日
大きなブルーに模様が入ったカボション。こちらは1950年代頃の物ですが、現代の枠では合う物が見付からず、長い間アトリエの片隅に眠っていました。今では多くの方に これらの言葉が知られるようになりましたが、
「コスチュームジュエリー」や「クチュール」、「ビジュー」と言う言葉がまだ浸透していなかった頃に入手をした貴重な素材です。久しぶりに手に取った瞬間、この美しさを表舞台に出してあげたくなり現代の枠に合わないのであれば、作ってしまおう…とインスピレーションに身を任せてみることに…。

パリの息吹を纏ったテージュやカボションをロマンティックに演出させてモチーフ部分を作り、針金にガラスを巻き付けて作られているティージュの針金は普段は見えないように隠して作品にしていますが、ここはあえてシンプルに…と小枝のように針金を見せて使用したティージュ。ブルーの大きなカボションがボリュームがあるので
華奢な雰囲気のネック部分が新鮮な印象を与えてくれますね。
2017年04月11日
4月10日全国発売の「Bead Art Vol.21春号」17ページに作品が掲載されました。
今回のテーマは「春を纏う(まとう)」です。
私はテーマを聞いた瞬間、春を纏うと言うよりは、いっそのこと、お花畑を纏ってみては…。というインスピレーションに掻き立てられ、沢山のお花のモチーフを作って、繋げてみることに…。
14個のモチーフからなる、大ぶりの作品が仕上がるまで構想から始まって2週間以上かかった大きな作品ですが、本誌を楽しみにご覧下さいね。

今回は現代のビーズのみを使用して制作しましたが、
それぞれのモチーフは、気が付けば自然とアンティーク調の色合いに仕立てていた私らしさ(笑)
春風と春の音色。ふたつのものが出会い、やがてひとつに溶け合うと優しく美しい時間が訪れる。
彩り鮮やかな春を告げるお花が満開に咲くお花畑を表現してみました。
チェコビーズの魅力をふんだんに閉じ込めたお花畑をまとってみませんか?
書籍は全国のジュンク堂書店さんで購入可能ですが、こちらからもお求め頂けます。
http://lara.ocnk.net/product/621
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 20 次のページ»
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス